東京都

東京都新宿区にコインロッカーを設置しました

2019年1月15日 新宿2丁目に昨年の7月にオープンしたゲイバーにコインロッカーを設置しました。

コインロッカーは、オープン以降、観光客を中心に着実に来店客を伸ばしているゲイバーの入口付近にあります。店内がおしゃれで明るい雰囲気なこともあり女性も多く訪れるそうです。内装やライブショーやオリジナルグッズなどにもこだわりが窺え集客に力を入れていることを感じます。手荷物を気にせず楽しみたい方にコインロッカーが利用されると期待しています。

新宿2丁目のゲイバーのフジコインロッカー

東京都港区にコインロッカーを設置しました

2018年12月17日 六本木のライブハウス レストラン内にコインロッカーを設置しました。

50~80年代のオールディーズ、ディスコクラッシックス、R&B、ソウル、ロックなどの生演奏が毎日演奏され、50代以上の方が中心として訪れるライブレストランです。

来訪者の多くが演奏に合わせて踊るということで、ライブレストラン側からコインロッカー設置を希望されました。座席やテーブルがあるとはいえ荷物があると空席にはできません。そういう方にコインロッカーを必要とされると予想し設置を決めました。

六本木のライブレストランのフジコインロッカー

東京都杉並区にコインロッカーを設置しました

2018年12月4日 高円寺駅南口の高架沿いのビル外にコインロッカーを設置しました。

高円寺は、庶民的なところと都会的なところが上手く混ざり、駅から伸びる商店街には、様々な業種の店舗や遊興施設があり、昼夜、人の集まる賑やかな街です。特に2月の「高円寺演芸祭り」・8月の「高円寺阿波踊り」には、多くの観光客が訪れます。阿波踊りは約1万人の踊り手と100万人の見物客で本場徳島に次ぐ規模の賑わいです。

コインロッカーは、高円寺駅南口から1ブロック先の線路沿い、広告鉄塔下の空きスペースだった場所にあります。周りは全国展開の居酒屋や地元飲食店が混じる雑多な雰囲気の一角です。コインロッカーの目の前は北口からの高架下道路が交わる5差路で視認性の高い場所です。

近くには大小合わせて11件のライブハウスがあります。ライブハウスやクラブのお客様は、コインロッカーの利用率が高い傾向があるので、認知されれば利用率が上がると期待しています。

高円寺の広告鉄塔下のフジコインロッカー

東京都台東区にコインロッカーを設置しました

2018年11月2日 アメ横プラザ1F B棟通路にコインロッカーを設置しました。

上野駅周辺は、上野公園(お花見)や動物園、世界遺産認定の国立西洋美術館に加え、多種多様なお店が所狭しと賑わうアメ横周辺も観光客に人気があり、近年はキャリーケースや買い物袋を提げた外国人観光客が目立ちます。飲み屋やパチンコ店やカプセルサウナなども多い場所柄か、以前からコインロッカー利用者の多い場所です。

コインロッカーは、上野駅から御徒町駅の高架下のアメ横プラザにあります。アメ横は、平日・休日問わず人出が多く、大き目な荷物を持つ観光客をよく目にします。そのせいかアメ横沿いにある他のフジコインロッカーは高い稼働を上げています。

アメ横プラザ館内の観光客も多くコインロッカーはATMにも近く、認知されれば利用されやすい場所だと考えました。視認性を上げるための案内サインをアメ横に面した場所や通路に多数設置のご協力をしていただきました。

アメ横プラザB棟通路のフジコインロッカー

コインロッカーはB棟通路にあります

アメ横プラザのコインロッカー案内サイン

案内サインを多数設置させていただきました

東京都新宿区にコインロッカーを設置しました

2018年10月19日 JR大久保駅と西武新宿駅に近いネットルームにコインロッカーを設置しました。

大久保・新大久保エリアは、日常的にコインロッカーを使用する人が多く存在する一体で、以前からコインロッカーの強い場所です。一時期より落ち着いた韓流ブームも近頃再燃の兆しがあり、お店に集まる人たちを見かけるようになりました。
大久保駅の西側は、韓国・朝鮮料理やタイ料理などのアジア料理店や定食店などが多く、地元民のほか韓流好きの多くの観光客の胃袋と好奇心もくすぐる街です。
また、各種専門学校も多く学生らしき人も目に付きます。北新宿百人町交差点に向かうと、副都心の顔が強くなり更に人が増していきます。

コインロッカーは、JR大久保駅南口より徒歩約4分、西武新宿駅北口より徒歩約5分のマンボーネットルーム北新宿店が入居するビル外にあります。人通りの多い小滝橋通りに面した認知されやすい場所です。

このマンボーは地域最大規模が売りで、連泊する利用者が多く、外国人の利用者も年々増えているそうです。店舗の外ですので、ネットルーム利用者はもちろん、一般の方のコインロッカー利用にも期待が持てそうです。

北新宿のネットルームが入居するビル外のフジコインロッカー

東京都中央区にコインロッカーを設置しました

2018年10月17日 銀座一丁目の商業施設の12Fに11月オープン予定の欧米スタイルのクラブにコインロッカーを設置しました。

コインロッカーは、アーバンリゾートを感じられるポップで緩いルーフトップバーのロッカールームにあります。

設置場所は、”ROOFTOP&社交場”をテーマに、昼はロビーカフェ、夜はダイナーバーの昼夜営業で感度の高い人が集まるNewスポットを、日本屈指のエンターテイメントプランナーたちがチームを作る新しい遊び方のスタイルを提案する施設内です。
ターゲットは、既存のナイトクラブは苦手という大人女子。クールでオーガニックなクラブとして開業予定。話題を呼びそうな楽しみな施設です。

銀座一丁目のルーフトップバー&ミュージックバーのコインロッカー

東京都品川区にコインロッカー設置しました

2018年10月4日 競馬場にコインロッカーを設置しました。

東京シティ競馬(TCK)の愛称で、ナイター競馬「トゥインクル・レース」などのCMで有名な大井競馬場。大井競馬場は、場外を合わせた開催日も入場者数も地方競馬の中では桁違いに多いのが特徴です。

その大井競馬場が、過去に実施されてきたイルミネーションを関東最大規模にリニューアルし、春夏のナイター開催日に加えて新たに秋から冬季の競馬非開催日にも「世界初」の競馬場における大規模ナイトエンターテイメントとして準備中です。
国内外の観光客など多くのお客様に感動を体感していただけるTOKYO MEGA ILLUMIは10月7日にグランドオープンします。

その計画に合わせて最も利用者数の多い入場口「北門」脇に、一足早くコインロッカーを設置しました。北門から入場する方には必ず目に付く場所です。会場は広いので会社帰りや観光で訪れた方に使っていただけると期待しています。

競馬場内に設置されたフジコインロッカー

東京都葛飾区にコインロッカーを設置しました

2018年9月27日 新小岩駅の商店街にコインロッカーを設置しました。

JR総武線で快速も停車する新小岩駅は、年々乗降客数が増えている人気の下町です。新小岩駅南口は『ルミエール商店街』を中心に、葛飾区内でも1、2の賑わいを見せる繁華街です。

新小岩駅から垂直に伸びるルミエール商店街は420mの長さに約140店が軒を連ねる活気のある商店街。飲食店、パチンコ店、様々な小売店などがあり周辺地域の消費の中心地です。コインロッカーはルミエール商店街の駅から1ブロック目にあるパン屋の脇にあります。駅から近く商店街のすぐ脇で認知度が高く利用されやすい場所です。

新小岩駅南口は、コインロッカーの利用率が高いエリアの1つです。周辺のフジコインロッカーも概ね売上が好調です。今回の設置場所も認知されれば、すぐに売上が伸びると予想しています。

新小岩の商店街に設置されたフジコインロッカー

東京都千代田区にコインロッカーを設置しました

2018年9月25日 神田駅西口のネットカフェ内にコインロッカーを設置しました。

JR山手線、京浜東北線、中央線、東京メトロ銀座線と主要4路線が乗り入れる神田駅。中小のビルが立ち並ぶオフィス街でもあり、懐に優しい居酒屋やカラオケ店などが密集し、終電間際までたくさんの人々で賑わうサラリーマンの街としても知られています。

コインロッカーは神田駅西口から徒歩約1分の角地に立つネットカフェの1F入口脇にあります。ここは駅近の立地の良さから来店客が引きも切らず訪れる人気店です。7Fはオープンスペースで貸切にもできる面白いシステムもあり多彩に利用されているようです。

お店の周囲は深夜まで営業する飲食店やカラオケ店等が数多く人通りが絶えません。他にネットカフェも多数ありますがこのビルは白いタイルにカラフルなロゴがよく目立っています。集客力の高さが窺えます。

神田のネットカフェ内に設置されたフジコインロッカー

東京都台東区にコインロッカーを設置しました

2018年7月31日 浅草の雷門近くにあるマンガ喫茶にコインロッカーを設置しました。

浅草は、東京の中でも人気の観光スポット。今と昔が混ざりあった雰囲気が外国人にもとても人気です。2012年に開業した東京スカイツリーとの相乗効果もあり、老若男女が楽しめる一大プレジャーゾーンとして、平日休日を問わず国内外から多くの人が訪れる街です。

コインロッカーは、浅草駅前にあるマンガ喫茶の店舗内にあります。最近、すっかり簡易宿泊所として定着しているマンガ喫茶やネットカフェですが、この店舗もシャワールーム完備で簡易宿泊として多く利用されています。

利用者の手荷物は、小型ならはブース内へ持ち込めるのですが大型荷物はできません。以前は、大型のキャリーケースなどは受付で預かっていたそうですが、従業員の負担を軽減する意味もあり、大型サイズのコインロッカーを設置することになりました。

浅草雷門近くのマンガ喫茶に設置されたフジコインロッカー