テナントビル・マンション

東京都杉並区にコインロッカーを設置しました

2018年12月4日 高円寺駅南口の高架沿いのビル外にコインロッカーを設置しました。

高円寺は、庶民的なところと都会的なところが上手く混ざり、駅から伸びる商店街には、様々な業種の店舗や遊興施設があり、昼夜、人の集まる賑やかな街です。特に2月の「高円寺演芸祭り」・8月の「高円寺阿波踊り」には、多くの観光客が訪れます。阿波踊りは約1万人の踊り手と100万人の見物客で本場徳島に次ぐ規模の賑わいです。

コインロッカーは、高円寺駅南口から1ブロック先の線路沿い、広告鉄塔下の空きスペースだった場所にあります。周りは全国展開の居酒屋や地元飲食店が混じる雑多な雰囲気の一角です。コインロッカーの目の前は北口からの高架下道路が交わる5差路で視認性の高い場所です。

近くには大小合わせて11件のライブハウスがあります。ライブハウスやクラブのお客様は、コインロッカーの利用率が高い傾向があるので、認知されれば利用率が上がると期待しています。

高円寺の広告鉄塔下のフジコインロッカー

東京都葛飾区にコインロッカーを設置しました

2018年9月27日 新小岩駅の商店街にコインロッカーを設置しました。

JR総武線で快速も停車する新小岩駅は、年々乗降客数が増えている人気の下町です。新小岩駅南口は『ルミエール商店街』を中心に、葛飾区内でも1、2の賑わいを見せる繁華街です。

新小岩駅から垂直に伸びるルミエール商店街は420mの長さに約140店が軒を連ねる活気のある商店街。飲食店、パチンコ店、様々な小売店などがあり周辺地域の消費の中心地です。コインロッカーはルミエール商店街の駅から1ブロック目にあるパン屋の脇にあります。駅から近く商店街のすぐ脇で認知度が高く利用されやすい場所です。

新小岩駅南口は、コインロッカーの利用率が高いエリアの1つです。周辺のフジコインロッカーも概ね売上が好調です。今回の設置場所も認知されれば、すぐに売上が伸びると予想しています。

新小岩の商店街に設置されたフジコインロッカー

千葉県市川市にコインロッカーを設置しました

2018年9月21日 JR総武線市川駅北口のオフィスビルにコインロッカーを設置しました。

市川駅は、江戸川を挟んで東京都に隣接する千葉県市川市の玄関口です。都心へのアクセス環境にも恵まれ、駅ビルをはじめ駅周辺には、複合商業施設や大型スーパーなど様々な飲食店が集まり賑わいを見せています。

コインロッカーは、駅ロータリーのバス乗り場側のオフィスビル1Fの正面入口前にあります。ビル1Fは銀行のATM、上階には歯科や不動産屋などが入居し、ビルの並びにはパチンコ店やカラオケ店があります。このビルの裏側一帯はプチ歓楽街の趣があり昼夜を問わず人が行き交います。

市川駅構内には18基のコインロッカー、ロータリーの向かいの商業テナントビル2Fにはコインロッカーコーナーがあるなど、コインロッカー利用者の多さが窺えます。このロータリー向かいの商業テナントビルB1Fに、以前設置されていたフジコインロッカーは安定した売上があったことから、今回の物件にも期待を持っています。

市川駅前のビルに設置されたフジコインロッカー

大阪市浪速区にコインロッカーを設置しました

2018年7月25日 堺筋線と阪堺線側の新世界ゲート近くのビル外にコインロッカーを設置しました。

梅田、難波、天王寺は町がどんどん整備されてきている中、シンボルタワー通天閣を取り巻く新世界は大阪らしさが残る町としてクローズアップされ、梅田、難波に継ぐ賑わう町となっています。串カツの聖地としても全国的に知られるようになり、串カツ・たこ焼きを楽しみに来る海外からの観光客も多く、特に土日は大行列のお店も出るほどの賑わいです。

設置したコインロッカーは、JR新今宮駅・大阪メトロ動物園前駅から新世界のメインストリートへ向かう道筋のビル外にあります。JR新今宮駅西口の手荷物預かりは5:00~20:00、コインロッカーは改札内で始発から終電まで営業です。フジは24時間営業なことも売上に期待できる材料です。

新世界から天王寺駅に向かうルートは、動物園・公園・超高層ビルと徒歩で見物でき、オリンピックに向け、まだまだ観光客の増加が見込めます。また、隣接の新今宮には温泉施設のオープン予定もあり、オリンピック後も観光客を集める計画が進む先が楽しみな地域です。

新世界ゲート近くのビル外のフジコインロッカー

京都市中京区にコインロッカーを設置しました

2018年4月26日 河原町のテナントビル外にコインロッカーを設置しました。

八坂神社、円山公園、鴨川など観光スポットが集中する世界的な観光地京都は、近隣に新京極や錦市場など観光客に人気の商店街、百貨店やファッションビルなどがあり、木屋町通や祇園にはクラブも多く夜間も賑やかです。日本人だけでも多くの観光客が訪れるうえに、訪日外国人が増加していることも一因に、とにかく休日平日昼夜関係なく人で溢れています。

コインロッカーは、木屋町通りすぐのプレクサスビル外にあります。賑やかな河原町通と木屋町通りに挟まれたエリアで、特にこの周辺は集客力の高い大型のクラブが複数あり、設置ビル上階にもライブハウス兼スタジオ、1・2階にはインターネットカフェなどが入居し、夜は若者を中心に人で溢れます。

ごく近くにフジコインロッカーが2ヶ所ありますが、とちらも稼働率が高くこのエリアのコインロッカー不足が窺えます。この場所についても設置後すぐから多くの人に利用されると予想しています。

河原町のビル外に設置されたフジコインロッカー

神戸市中央区にコインロッカーを設置しました

2018年4月11日 JR・阪神元町駅前に広がる南京町にコインロッカーを設置しました。

横浜中華街、長崎新地中華街とともに日本三大チャイナタウンの一つに数えられる南京町は、震災以降急激に発展し、平日休日問わず地元の買い物客や修学旅行生や観光客で大いに賑わっています。神戸観光の人気スポットにもあげられ、飲茶などの軽食がテイクアウトできる屋台が多く食べ歩きをする観光客を目にするのも珍しくありません。

コインロッカーは、南京町広場の斜め向かい南京南路沿いにあります。このビルに何台か設置してある飲料自販機会社の紹介で設置しました。2020年にはビジネスホテルが直ぐ目の前に完成する予定です。元町駅にコインロッカーはありますが南京町にはありません。ご利用者には周辺観光に便利に使っていただけることを期待しています。

南京町のビル外に設置されたフジコインロッカー

大阪市天王寺区にコインロッカーを設置しました

2018年2月28日 鶴橋駅前のテナントビル内にコインロッカーを設置しました。

鶴橋駅は奈良方面や名古屋方面への中継駅なこともあり終日混み合っています。鶴橋駅周辺に広がるコリアンタウンでは韓国食品店、民族衣装、ブティックの専門店などが軒を並べ、韓国を漫喫できるスポットとして日本全国から人が集まります。また、焼肉の聖地としても有名で食べ歩きを楽しむ人でも賑わっているなど、集客には事欠かない場所です。

コインロッカーはテナントビル内の千日前通側から鶴橋西商店街へ抜ける通路内にあります。駅中のコインロッカーは平日でも7~8割で稼働し、休日はほぼ空きがない状況です。ここのコインロッカーも使っていただけると期待しています。

鶴橋のビル通路内のフジコインロッカー駅側

鶴橋のビル通路内のフジコインロッカー

鶴橋のビル通路内のフジコインロッカー看板
千日前通側に案内サインを付けさせていただきました

さいたま市大宮区にコインロッカーを設置しました

2017年12月1日 大宮駅東口にあるテナントビル外にコインロッカーを設置しました。

大宮駅東口南側に広がる歓楽街、通称「ナンギン(南銀座)」のメインストリートから入ってすぐの路地にあります。飲料自販機の脇の空きスペースへの設置です。地権者様には視認性向上のための看板設置にご協力していただきました。周囲は居酒屋にパブ、ミニクラブ、カラオケ、ネットカフェ、カプセルホテル、パチンコ店と娯楽関係なら何でもありで昼夜賑やかです。一般的にこのような環境はコインロッカーを利用する人が多く期待が持てます。

大宮のビル外に設置されたフジコインロッカー

横浜市港北区にコインロッカーを設置しました

2017年11月10日 新横浜のテナントビル内にコインロッカーを設置しました。

新横浜駅の北口、スカイデッキを下りたすぐ脇の飲食店ビル1Fエントランスです。ビルが面する「レンガ通り」は新横浜駅周辺で1番の賑わう場所で駅スカイデッキがこのビルの手前まで延び通行者の多い場所です。設置場所のご提供者様には視認性を上げるため2ヶ所に看板を設置させていただきました。
新横浜は、横浜アリーナ、ラーメン博物館、場外馬券場、日産スタジアムなどイベント施設が目白押しです。新幹線停車駅としてのビジネス街の発展と合わせて、多面性を持ち今後の変化が楽しみな街です。

新横浜のテナントビル内に設置したフジコインロッカー

新横浜駅は、東海道新幹線の停車駅となって以降、目を見張る発展を続けています。新幹線の全営業線が停車する他、横浜線や横浜市営地下鉄、2022年以降に相鉄線と東急東横線・目黒線が新横浜駅を接続点として相互直通運転される工事が進んでおり、増々交通の利便性が上がりフジでも注目度を上げています。

東京都江東区にコインロッカーを設置しました

2017年10月26日 亀戸のテナントビル1Fにコインロッカーを設置しました。

亀戸駅北側のロータリーから入る小路に建つ飲食店ビルです。ビル内には、フードコート形式の居酒屋「亀戸横丁」を始め庶民の居酒屋やバーやクラブが入居しています。周辺一帯は昔ながらの飲み屋街で、設置場所はゲームセンターやパチンコ店の裏側入口にも近く、コインロッカー利用者が多いエリアと予想しています。

亀戸の飲食店ビルに設置されたコインロッカー

亀戸は東京都から「錦糸町・亀戸副都心」の指定を受ける一大繁華街が形成され、駅周辺には、商業施設、専門店、飲食店などが密集しています。休日平日を問わず多くの人で賑わう集客力の高い街です。人が集まる場所はコインロッカーを必要とする人も多くいます。