フジが設置するコインロッカーの種類

フジが設置している主な鍵式のターミナルロッカーの種類をご紹介します。コインボックス部分が特注で、こじ開け強化仕様です。扉の色もメーカー色と違います。下記の写真のような1本ずつの機種を組み合わせて連結し設置しています。

ターミナルロッカー FTPラインナップ

機種 扉数 サイズ 1口有効内寸法
幅×奥行×高さ(mm)
FTP-6 6 XS 小型 345×575×260
FTP-5 5 S 345×575×320
FTP-4 4 MS 中型 345×575×405
FTP-3 3 M 345×575×550
FTP-2 2 L 大型 345×575×840
FTP-3GLA 3 S 小型 345×575×320
M’ 中型 345×575×490
L 大型 345×575×840
FTP-3GLC 3 MS 中型 345×575×405
L 大型 345×575×840
FTP-2GL 2 M 中型 345×575×550
XL 特大 345×575×1132

収納の目安はこちらをご覧ください。
ロッカー1本の外形寸法は、通常 幅430×奥行605×高さ1880㎜(写真)+フレーム40㎜ 屋外だと更に水平を取る下地分が高くなります。
表の奥行内寸は通常サイズで、場所によって奥行内寸が425mmや650mmもあります。

Translate »