埼玉県川口市に設置されているコインロッカー

JR京浜東北線の川口駅は、埼玉県内のJRの駅では、大宮・浦和に次ぐ3位の乗降客数です。東京・新宿駅まで25~30分と都心へのアクセスが良く、バス網も44路線と発達し広域から人が集まる駅です。

川口市は都内に比べて物価の安さ、緑を残した再開発による生活環境の良さ等で、住宅ローン専門金融機関が発表した本当に住みやすい街大賞1位に2020年・2021年と連続で選ばれました。

コロナ禍でもリモートワークのため、より快適な空間を求める人の移住により人口が増加しています。駅前の繁華街には、様々な遊興施設や飲食店も揃っていて都心に出なくても楽しむことができます。

コインロッカーは、川口駅東口からペデストリアンデッキで繁華街方向に降りてすぐ、旧そごうの隣接ビルの入口前、以前証明写真機と飲料自販機があったビルで一番目立つ場所に設置されています。ビル前の歩道は常に人が行き交います。

近隣には、ネットカフェ、パチンコ店等ロッカーを利用する傾向が高い人が多い施設があり、近隣のフジコインロッカーにはない大型サイズもあります。

旧川口そごう隣りのテナントビル入口のフジコインロッカー


SNSでもご購読できます。