東京都豊島区にコインロッカーを設置しました

2021年5月31日 池袋駅東口の商業施設の屋外にコインロッカーを設置しました。

東京3大副都心ターミナル池袋駅は、4社8路線が乗り入れ、新宿駅、渋谷駅に次ぐ世界第3位の規模です。池袋駅東口一帯は、買物、娯楽、遊興、飲食、オフィスの大小様々な施設が密集する一大繁華街です。

コインロッカーは、池袋PARCO別館P’PARCOの駐車場入口に設置されました。P’PARCOの館内にはファッションだけでなくアニメやネットカルチャーをテーマとしたショップも入居し多くの人が集まります。

設置場所は昔からの歓楽街の入口で池袋駅の東西を結ぶ地下道『ウィロード』がビルの横にあり、その出入口からも視認できる場所です。

池袋駅東側は、昨今人気のアニメ・マンガ・ゲーム関連のショップが多く集まり、秋葉原と同様に認知度を上げています。

また、旧豊島区役所や旧豊島公会堂の跡地に複合施設が昨年完成し、シネコンの他、宝塚の公演もできるホール、ライブハウス、豊島区の文化施設が入居しています。きれいに整備された中池袋公園を中心に新たな池袋の顔になっています。

池袋PARCO別館P'PARCOのフジコインロッカー


SNSでもご購読できます。