東京都江東区にコインロッカーを設置しました

2020年6月20日 豊洲駅直結の大規模複合施設にターミナルロッカーを設置しました。

ロッカーは、オフィス・商業施設・ホテルが揃う豊洲ベイサイドクロスタワーのB1Fにあります。駅に直結していることもあり交通系ICカードと現金が利用できるタイプのロッカーです。

隣接するららぽーと豊洲や豊洲公園も含め更に開発は進みます。9月にはホテルもオープン予定です。住民・ビジネス客・観光客など集客力は申し分ない施設です。多くの方にロッカーが利用されると期待しています。

豊洲ベイサイドクロスタワーのフジコインロッカー

大阪市西成区にコインロッカーを設置しました

2020年6月9日 動物園前駅とJR新今宮駅東出口近くの荷物預かり所にコインロッカーを設置しました。

動物園前駅(大阪メトロ御堂筋線・堺筋線)と新今宮駅(JR・南海電鉄)は、通天閣を中心に広がる通称『新世界』の最寄駅です。

新世界は現在もレトロな雰囲気を残し大阪グルメのお店が所狭しと並ぶ観光客に大変人気のある街です。東隣の天王寺駅方向は、天王寺動物園・てんしば・あべのハルカスは徒歩圏内で観光ルートになっています。

コインロッカーは、動物園前駅の4番出口を上がってすぐ大通りあびこ筋に面した荷物預かり所『冨士屋ロッカー』の入口正面に設置されました。『冨士屋ロッカー』は、実績のある荷物預かり所として近隣で普段使いしている方や旅行客に認知されています。月極ロッカーと一時荷物預かり業務は6:00~21:00で、営業時間外に利用したい方や対面を希望されない旅行客などからコインロッカーの要望があり、店舗リニューアルを機に24時間利用可能なコインロッカーを導入しました。

新今宮駅から動物園前駅周辺は、低価格の観光ホテルがあることから、平日でもキャリーバッグを引く観光客を多く見かけます。また、日雇い労働者が多く住んでいることもあり日常的にコインロッカーの利用が高い地域です。

新世界 冨士屋ロッカーのフジコインロッカー

東京都新宿区にコインロッカーを設置しました

2020年5月27日 新宿御苑前駅の出口があるビルにコインロッカーを設置しました。

新宿御苑前駅は名前の通り『新宿御苑』の最寄り駅です。桜の季節である毎年4月には大勢の花見客で賑い多くの来苑者が乗降します。

コインロッカーは、新宿御苑前駅2番口があるビルB1Fに証明写真機と共に設置されました。改札から地上へ出る階段の踊り場に面した小部屋です。

周辺にライブハウスや小劇場が意外と多いこともあるのか、駅にはコインロッカーの問合せが度々あるそうです。駅員の方によると新宿御苑前駅構内にはコインロッカーがなく、今まで近隣の駐車場のフジコインロッカーを案内していたということです。

こちらの方が駅に近く気候を気にせず使えるので利用者が偏ってしまいそうですが、利用時間が始発から終電までと限定されているので、駐車場の24時間使えるロッカーとすみ分けができ、それぞれ使う人の都合に合わせて利用されると予想しています。

大橋御苑駅ビルのフジコインロッカールーム

東京都千代田区にコインロッカーを設置しました

2020年5月25日 神田駅西口の空き店舗にコインロッカーを設置しました。

JR山手線・京浜東北線・中央線・東京メトロ銀座線と主要4路線が乗り入れる神田駅。

秋葉原駅と東京駅に挟まれ新宿まで1本で行ける便利さから宿泊施設が多く特に値ごろ感の良いビジネスホテルは何度も利用するリピーターがいます。

オフィス街でもあり新橋と併せてサラリーマンの街という印象も大きいです。駅前は開発が難しいのか都心部でありながら昔ながらの雰囲気が強くこの独特のレトロ感を好むファンもいるようです。

コインロッカーは西口より徒歩2分ほど、出生不動通りに面するビル1Fの空き店舗に設置されました。神田でルーム形式での設置は初めてです。

周辺は飲み屋にオフィスビルが混在する始終賑やかな場所ですので、24時間気候を気にせず利用できるこの場所は、認知されれば定期的に使う人が増えそうです。

神田 小幡ビルのフジコインロッカールーム

千葉市美浜区にコインロッカーを設置しました

2020年5月22日 海浜幕張駅北口正面の複合商業施設の屋外にコインロッカーを設置しました。

こちらのショッピングモールには2017年に既にフジコインロッカーが設置していますが、場所柄、幕張メッセでのイベント開催時には空きがなくなることも少なくありません。

イベントがない場合のコインロッカーの使用率がさほどでもないのでコインロッカーを増やすことには慎重になっていましたが、ここ数ヶ月の平時を含めた利用率が安定して高いことから、イベント開催時のタイムロスを少なくする上でも増設は理に適うと判断しました。

設置場所提供者の理解も得られ、今回は建物の駅側角地にコインロッカーが設置されました。世状が平常に戻りイベント開催が増えれば、こちら側のロッカーも利用されると期待しています。

メッセ・アミューズ・モール角のフジコインロッカー

東京都千代田区にコインロッカーを設置しました

2020年5月13日 神田駅西口のテナントビル外にコインロッカーを設置しました。

JR山手線・京浜東北線・中央線、東京メトロ銀座線と4路線が乗り入れる神田駅。中小のビルが立ち並ぶオフィス街で、低価格な居酒屋やカラオケ店などが密集するサラリーマンの街として有名です。また、遠くから足繁く通う人もいる昔ながらの老舗の店舗なども見かける街です。

コインロッカーは1Fにドラッグストアが入居するビルの角地に設置されました。設置ビルから神田駅はホームが見えるくらいの近さです。駅に向かって、深夜まで営業する飲食店やスナック・バー、パチンコ店等やネットカフェが数多く深夜まで人通りの絶えません。認知されれば日常的に使う人がいそうな便利な場所です。

神田駅西側にはフジコインロッカーが数件ありますが、それぞれ適度に離れ売上も概ね良好なので、利用者を取り合うことはないと判断して設置を決めました。

神田駅西口のテナントビル外のフジコインロッカー

東京都新宿区にコインロッカーを設置しました

2020年4月28日 新宿三丁目のネットカフェのビル外にコインロッカーを設置しました。

東京メトロ丸ノ内線・副都心線、都営地下鉄新宿線が通る新宿三丁目駅は、2018年に副都心線が開通し新宿三丁目付近の施設からゲイタウンと歌舞伎町の2大歓楽街へ向かう人が増えているのか、ますます集客力を高めています。

コインロッカーは、丸ノ内線の新宿三丁目駅と新宿御苑前駅の中間、新宿通りから入ってすぐの角地。今年の2月6日に新規オープンしたばかりのネットルームマンボー新宿総本店の建物外に設置されました。

ネットルーム利用客のチェックイン前・チェックアウト後のコインロッカー利用を見込んでいますが、外置きなので歓楽街客や周りに多いビジネスホテル客など、誰でも24時間利用できるコインロッカーとして使ってもらえると予想しています。

すぐ近くにもフジコインロッカーがありますが売上好調で、周辺のコインロッカー需要の高さから利用者の取り合いにはならないと判断しました。

マンボーネットルーム新宿総本店のフジコインロッカー

マンボーネットルーム新宿総本店のロッカー案内
案内サイン設置にご協力いただきました

東京都渋谷区にコインロッカーを設置しました

2020年4月28日 渋谷宮益坂にあるネットカフェ内にコインロッカーを設置しました。

渋谷駅は、首都圏で新宿駅・池袋駅に次ぐマンモス駅です。駅東側は、東急東横線渋谷駅の跡地に複合施設型超高層ビル「渋谷スクランブルスクエア東棟」が昨年11月に開業、銀座線渋谷駅の改修も終わり人の流れなどに目が離せないエリアです。

コインロッカーは、渋谷駅東側の宮益坂を上がってすぐのビル9・10Fに入居するマンボー渋谷宮益坂店内、受付がある9Fのサービスコーナーに設置されました。

この店舗から度々荷物預かりの要望があるとの相談を受け、荷物預かりに人員を割きたくない店側の問題を無償設置で解決することになりました。連泊する宿泊客を意識して大型サイズを多めにレイアウトしました。

マンボー渋谷宮益坂店のフジコインロッカー

大阪府箕面市にコインロッカーを設置しました

2020年4月20日 北大阪急行線と大阪モノレールの千里中央駅から直通バスで15分の大型複合商業施設『みのおキューズモール』イオン箕面店1階、エスカレーター脇、2つの出入口の間にコインロッカーを設置しました。

箕面市は大阪北部のベッドタウンとして人気が高いく、みのおキューズモールの目の前には、大阪メトロ御堂筋線直結の北大阪急行電鉄が延伸し、新駅が誕生予定の将来性が高いエリアです。

みのおキューズモールは、WEST棟とEAST棟に、映画館、フィットネスジム、旅行代理店、人気のアパレルショップ、飲食店などや各種医療施設、中央にイオン箕面店があり、様々な人が多く集まる施設です。現在、開店以来の最大規模なリニューアルを実施中です。

コインロッカーがあるイオン箕面店は、2020年中にイオンスタイル箕面と大型フードコートをセールスポイントにCENTER棟としてリニューアル完了予定です。新規に38店舗が開店するほか、子供の室内遊び場『キューズランド』の開設など子育て中の家族にも配慮しています。

3棟は2階の専用通路で結ばれ簡単に行き来ができ、衣食住の様々な店舗・施設が揃うワンストップ型施設になります。今まで以上に集客力が高まると予想されコインロッカー利用に期待が高まります。

みのおキューズモールCENTER棟のフジコインロッカー

横浜市戸塚区にコインロッカーを設置しました

2020年4月10日 戸塚駅西口の商業施設の屋外にコインロッカーを設置しました。

戸塚駅は、JR東海道線・横須賀線・湘南新宿ライン、横浜市営地下鉄が停車する中核駅です。駅前は再開発により整備され、駅西側は大型商業施設や戸塚区役所などがあり賑わいの中心になっています。

コインロッカーは、戸塚駅からトツカーナモールを通り抜けて延びるペデストリアンデッキの階段下、サクラス戸塚1Fフロントゲート側、バスセンター前交差点に面した場所に設置されました。

サクラス戸塚は、食品スーパー、日用雑貨店、スポーツクラブなどや病院が入居する様々な客層が訪れる商業施設です。コインロッカーを必要な人も多くいます。

今回設置した場所の近くの階段下に既にロッカーがありますが、外のロッカーは施設利用者以外の方を中心に利用されることを想定し、屋外と屋内で利用層のすみ分けができると考えています。

サクラス戸塚フロントゲート近くのフジコインロッカー