埼玉県

さいたま市南区にコインロッカーを設置しました

2018年7月26日 南浦和駅西口前のコインパーキング内にコインロッカーを設置しました。

南浦和駅は、京浜東北線と武蔵野線の乗換駅で、京浜東北線では始発着する電車もある利便性から、ベッドタウンとして年々人口を増やしています。広域から多くの人に利用されるため駐輪場やバス路線も多く、さいたま市の南の拠点になっています。

浦和競馬場の最寄駅で無料送迎バス発着所があり、本場開催だけでなく場外馬券売場としても集客力があります。駅前は競馬ファンの集いの場として賑わっています。

コインロッカーは、南浦和駅西口の目の前、分譲マンションの販売ギャラリーから変更オープンしたコインパーキングの前面にあります。ロータリー側の歩道に面して設置されているので認知度は抜群です。

ここは、周辺のパーキングの中で一番駅寄りです。駅に近く24時間使用できるので駅のコインロッカーに代わりに利用する人が増えると考えています。

南浦和駅前の駐車場に設置されたフジコインロッカー

埼玉県志木市にコインロッカーを設置しました

2017年12月22日 志木駅東口の商業施設内にコインロッカーを設置しました。

志木駅と接する「マルイファミリー志木」の1階、駅側入口のエレベーター前です。マルイファミリー志木は、8階建ての埼玉南西の4市内で唯一の百貨店で平日・休日問わず高い集客力があり、「ファミリー」の名前通り家族連れを意識したテナントが揃い、食品はやや高めの品揃えが充実し人気を集めています。8階には市民ホール・会議施設が入居しているなど様々な人々が訪れます。今回、来店客からのコインロッカーのリクエストに応えるため設置させていただきました。
東武東上線志木駅は、東京メトロ有楽町線と副都心線と相互直通運転しているため、東京都心への通勤の利便性が高く、駅周辺は商業施設の集積が進んでいるため人が集まり活気を呈しています。

マルイファミリー志木のフジコインロッカー

設置場所様でのコインロッカー案内
施設様から案内看板を出していただきました

さいたま市大宮区にコインロッカーを設置しました

2017年12月1日 大宮駅東口にあるテナントビル外にコインロッカーを設置しました。

大宮駅東口南側に広がる歓楽街、通称「ナンギン(南銀座)」のメインストリートから入ってすぐの路地にあります。飲料自販機の脇の空きスペースへの設置です。地権者様には視認性向上のための看板設置にご協力していただきました。周囲は居酒屋にパブ、ミニクラブ、カラオケ、ネットカフェ、カプセルホテル、パチンコ店と娯楽関係なら何でもありで昼夜賑やかです。一般的にこのような環境はコインロッカーを利用する人が多く期待が持てます。

大宮のビル外に設置されたフジコインロッカー

埼玉県川越市にコインロッカーを設置しました

2017年4月26日 川越駅東口のクレアモールの入口に建つテナントビル脇にコインロッカーを設置しました。駅からの近さと、繁華街の入口という利便性の高い立地が魅力の場所です。
地権者様には、コインロッカーの視認性を上げるため、2ヶ所に案内サイン設置のご協力をしていただきました。

川越駅東口は、街の賑わいの中心で人の流れは、川越駅スカイデッキから蔵づくりの町へと続くクレアモールへ向かいます。クレアモールは商業施設が集中しており、一日中通行困難なほど人通りが絶えない賑わいを見せています。こちらのコインロッカーの利用も期待できます。

テナントビル外に設置されたコインロッカー

川越は、JR埼京線、川越線と東武東上線(東京メトロ有楽町線・副都心線、東急東横線、みなとみらい線と相互乗入れ)の川越駅と、隣接の西武新宿線本川越駅と合わせて、埼玉県西部の中核都市の玄関口です。川越に設置されているフジのコインロッカーの売上は概ね好調で、コインロッカーの需要が高い場所です。

埼玉県川越市にコインロッカーを設置しました

2016年7月25日 本川越駅西口前のテナントビルの入口付近にコインロッカーを設置しました。

本川越駅の直前で、駅にコインロッカーがないので、利用が見込めそうなことからご提案しました。

本川越駅前のマンションのフジコインロッカー

埼玉県戸田市にコインロッカーを設置しました

2015年4月3日 ボートレース場にコインロッカーを設置しました。

荷物預りによる従業員の業務負担軽減のため、フジのシステムでコインロッカーを導入しました。

ボートレース場3Fに設置されたコインロッカー

【3F】

ボートレース場2Fに設置されたコインロッカー

【2F】

さいたま市大宮区にコインロッカーを設置しましました

平成27年1月15日 大宮駅東口の真正面にある小路「すずらん通り」から、タカシマヤ側に抜ける「すみれ小路」にコインロッカーを設置しました。

「すみれ小路」につながる「すずらん通り」は、長年変わらぬ飲食店が賑やかな人通りの絶えない場所で、周辺にはパチンコ店やネットカフェなどが集まり、コインロッカー利用者を集める環境と言えます。

大宮のすみれ小路に設置されたコインロッカー

首都圏でも上位に位置する大型駅、大宮駅。新幹線を含め、JRだけで5本のラインが乗り入れる同駅周辺は埼玉県下で最も賑わう場所。魅力的な集客スポットの充実振りは都心に引けを取りません。再開発されある程度整然とした顔を持つ西口に対し、東口は古くからの歓楽施設が多く雑然とした雰囲気があります。

埼玉県越谷市にコインロッカーを設置しました

2014年10月7日 北越谷駅高架下の駐輪場にコインロッカーを設置しました。

東武線の高架下にある3,600台強収容の大型駐輪場です。東口・西口どちらからも近く、多くの人が東西の通り抜けに利用する道路に面しているので、駐輪場を利用しない人でも気兼ねなく使えます。
周辺は、西口駅前から駐輪場の脇まで3件のパチンコ屋が集中し、駅前には居酒屋やカラオケ店なども並び、庶民の憩いの場となっています。改札外にコインロッカーはなく、24時間コインロッカーから荷物の出し入れをしたい人の利用を期待できます。

北越谷駐輪場に設置されたフジコインロッカー

北越谷駅は、東武伊勢崎線(スカイツリーライン)の中核駅。日比谷線直通で上野・銀座・恵比寿など都心と、東急田園都市線との接続で都内広範囲へのアクセスが良く、東京のベッドタウンとして年々利用客が増加しています。西口は、サッカーの浦和レッズの本拠地で数々の国際的なサッカー試合が催される「埼玉スタジアム」への直通バスの発着所があり、夏季に賑わう「しらこばと水上公園」への直通バスも出ています。

埼玉県川越市にコインロッカーを設置しました

2013年9月27日 川越駅東口前のカプセルホテル前にコインロッカーを設置しました。

このカプセルホテルは、川越駅東口のデッキからも見える川越駅近隣で唯一のカプセルサウナです。
周囲にはパチンコ店や居酒屋などが多く、ホテル入口前の設置なので、宿泊客以外の方にもコインロッカーを使用してもらえる最適地です。
近隣のフジコインロッカーの売上も良く、ここも認知向上と共に、売上が期待できる楽しみな物件です。

川越のカプセルホテルに設置されたコインロッカー 川越のカプセルホテルに設置されたコインロッカーの背面

川越駅は、JR埼京線、東急東横線・みなとみらい線からの相互乗り入れが始まった東武東上線、隣接の西武新宿線本川越駅と併せて、埼玉県西部の中核都市・川越市の玄関口です。
特に川越駅東口界隈は、街の賑わいの中心で、商業施設が立ち並ぶ他に、江戸時代の面影を残し「小江戸」とも言われる旧街道筋や、喜多院などの観光名所に通じ、様々な人で溢れる街です。

さいたま市大宮区にコインロッカーを設置しました

2012年4月19日 大宮駅前のデパートの外にコインロッカーを設置しました。

東口正面に1970年から位置する老舗デパート裏側への設置ですが、駅への抜け道となり昼夜を問わず人が多く行きかう場所です。周辺にはカプセルホテルやネットカフェ、サウナ、パチンコ屋などがあり、コインロッカー利用者が多く集まる地域です。このように東口南東部は、魅力的な場所でありながら手薄な状態で、開拓を進めてもなかなか設置にまで至らない難しい場所でした。今回の設置でコインロッカーの利用状況が把握できて今後の開拓にとってもありがたい機会を得ました。

大宮のデパートの外に設置されたコインロッカー

新幹線を含めJRだけで5本のラインが乗り入れる大型駅大宮駅周辺は、埼玉県下で最も賑わう場所。魅力的な集客スポットの充実振りは都心に引けを取りません。フジコインロッカーの売上も概ね都心並みに高い地域です。
再開発され、ある程度整然とした顔を持つ西口に対し、東口は、古くからの歓楽施設が多く雑然とした雰囲気があり、コインロッカーを利用する人が多い傾向があります。